保育士と育児の関係

保育士と育児の関係

成長に欠かせない

保育士の仕事は育児と密接な関わりがありますが、その理由は他にもあります。保育園や幼稚園は、お子さんが初めて家族以外のコミュニティを持つ場として、様々な成長を促す場所として、育児には欠かせないという点が1つに挙げられるでしょう。

ご家庭によっても異なりますが、ほとんどのお子さんは、保育士さんがいる場所に行くことが、家族以外のコミュニティを作る場となっている事がほとんどです。そんな家族以外のコミュニティにある日突然行くことで、固まってしまうような子供も少なくありません。そんなお子さんをサポートして、コミュニティに打ち解けるようにフォローするのが、保育士の努めといえるでしょう。こうしたサポートをすることで、同世代との付き合い方、他者とのコミュニケーションの方法などを学ぶ事が出来、お子さんはどんどん成長をしていきます。

この成長は育児にとって非常に重要なポイントで、お子さん一人ではなかなか上手くいきません。成長をしていく段階で、保育士のような大人がサポートをすることが、お子さんの成長にとって必要不可欠であると言っても過言では無いでしょう。自然とお子さんを場に溶け込ませて行くことも、保育士の努めです。